糖尿病の合併症で大変なのは?

合併症で大変な糖尿病性腎症は人工透析必須

糖尿病は、それ自体でも色々と大変ですが、罹患期間が長くなることで起こる合併症こそが大変です。ところで、糖尿病の合併症としては、目や神経、腎臓の病気があるそうですが、中でもどれが一番厄介なのでしょうか?

糖尿病の合併症は、意外と数が多いそうなので、ちょっと調べてみました。
すると、一番大変なのは、糖尿病性腎症という病気だと分かりました。

つまり、腎臓への障害ですね。では、その糖尿病性腎症とは、一体どんな病気なのかと言うと…人工透析が必要になる程大変な病気とのことでした。なんでも、腎臓の糸球体の毛細血管が機能しなくなる関係上、尿が作られなくなってしまうのだとか。

ちなみに、日本における人工透析の原因の1位が、この糖尿病性腎症だそうです。

人工透析って、1回につき4時間くらいかかって、それを週に3回とかしなければいけないんですよね。となると、日常生活への影響は多大だと思います。仕事なんて続けていられなさそうです。

糖尿病の合併症で一番多いのは、神経系の症状だそうですが、人工透析原因で1位であることを考えると、糖尿病性腎症の頻度も決して少なくはないと思います。とにかく、人工透析の伴う生活なんて絶対に嫌なので、糖尿病にならないよう、健康には気を付けて生活するようにします。