妊娠すると糖尿病になりやすい?

妊娠中にインスリンが抑制される事が関係

妊娠中に、糖尿病を発症する人は、意外と多いそうです。
定義として、妊娠中に初めて糖代謝異常を発見された場合が妊娠糖尿病になるのだとわかりました。

てっきり、元々糖尿病の遺伝子を持っている人だけが、そうなるんだと思っていたのですが、まったく縁の無い人でも普通にあり得るのだそうです。

妊娠中、悪阻で食に好みが偏るとは聞いていますが、極端な食事を続けたら起こるのか、それとも、体質変化で起こりやすいものなのか気になります。

実際のところ、妊娠糖尿病になるのは、食事の栄養バランスの偏りだけが原因ではないみたいです。

何が一番大きな原因なのかと言うと…妊娠による体の変化です。
具体的には、妊娠することで、胎盤からインスリンを抑制するホルモンが分泌されるため、体内のブドウ糖分解能力が通常よりも落ちるのだとか。

そのため、通常よりも糖尿病を発症してしまうリスクが上がるんですね。

食事だけのせいじゃない、という点は安心できましたが、同時に、普段糖尿病に縁の無い人でも妊娠糖尿病にかかる理由が分かりました。妊娠で体に様々な変化が生じるとは聞いていましたが、まさか糖尿病を発症しやすくなるとまでは思いませんでした。

もちろん、出産によって胎盤は体外に排出されるため、大抵は産後に治癒しますが、胎児に発育不全や機能不全といった障害が生じるリスクもあるため、なるべく妊娠中は糖分の摂取に注意すべきとのことでした。