HbA1cを下げるために見直すべき部分は?

運動が難しいなら食事改善から

血糖値の状態を如実に示すと言われる、HbA1c。
今の血糖値とは別で過去1~2ヶ月の血糖値の平均を判断材料に測定されるため、誤魔化しがきかないみたいです。

具体的には、検査前だからと、頑張って1週間くらいダイエットをしたところで、数値が良くなる訳ではないんです。逆に、最近食べ過ぎても、そう数値が悪くなることも無いのだとか。

となると、HbA1cの数値が悪いと、確実に危ないということだと思います。

では、HbA1cを下げるためには、どうすれば良いのでしょうか?
一番良いのは、食後1時間程度のウォーキングと言われています。ランニングみたいなハードなものではなく、軽い有酸素運動が良いんですね。

しかし、時間的に運動療法が十分に行えないという人も多くいます。
そういった場合は、主に食事改善が推奨されるそうです。具体的にどうするのかと言うと…大切なのは、甘いものや炭水化物、アルコールの点を見直すことみたいです。

なぜなら、これには大量の糖が含まれているため、食べ過ぎるとインスリンの分解が追い付かず、血管内にブドウ糖が余ってしまうため、HbA1cが上がってしまうからです。

また、そうしたものを減らした分は、海藻や野菜で調整すると良いそうです。簡単に言えば、健康的な食事を心がければ良いんですね。