インスリンの役割とオーバーワークな食生活

ヒト本来の食生活から考えても消費量が確実に多い

インスリンの役割は、血液中の糖質をエネルギーとして有効活用する為、細胞内に取り込む作業員です。これが、血液中の糖質に応じて膵臓という製造工場から派遣されて、作業をこなします。

物が売れて、作業手数が必要になったら従業員を増やすように、糖質というエネルギーが血液中に増えて、それを捌く作業員が必要になると、その都度、インスリンが分泌されますが、このお陰で細胞は活動する為のエネルギーを補給する事ができます。

これは、ヒトが生きていく上で欠かせないメカニズムですが、この働きがあるお陰で今活動するエネルギーを補給するだけでなく、一部を貯蔵する事もできます。

なぜ貯蔵が必要なのか。
それは、一時的に飢餓状態に陥ってもしのいでいくために脂肪として蓄えておく働きがあるからですが、この蓄えるという働きは、血糖値が高ければ、その分持続して、エネルギーを細胞内に取り込みます。

つまり、「蓄えられるときに蓄えておく」という事です。

しかし、これは、一時的に食べられない状況に陥る事が前提の話ですが、現代社会において普通に生活していれば、毎日のように食事にありつけます。

本来の人類は、食べられない時があるのが普通でした。
100年位前までは、冷蔵庫すら無かったように、大量の食料を腐らせずに貯蔵しておくというのは、発酵食品か干ものなどくらいなものです。

それが、毎日のように食事が出来る状況が続く。
これは、本来の人間の食べる量に対してオーバーワークが続いている状態とも言えます。

さらに、嗜好品が増えて、血糖値の高い状態が続くも、インスリンは、本来の仕事を全うすべく働き続ける。結果、働き手を使い切り、インスリン不足。
残っている作業員も疲労こんぱい状態でインスリン抵抗性が起こりやすくなる。

そう考えると、インスリンの分泌により糖尿病や境界型となる場合、そもそもが食べ過ぎだったり、糖質中心の食生活が多いという事ですが、そこで、低GI食にするという意識より、”食べる or 食べない”で考える二択が必要なのかなと思いました。