インスリン抵抗性の誤解

インスリンが働かないのでは無いようです

膵臓のランゲルハンス島からインスリンが分泌されなくなると2型糖尿病のリスクが高くなりますが、もう一つ、インスリンが分泌されていてもそれが働かない状態も危険と言われます。この時、後者に関わってくるのがインスリン抵抗性という言葉。

これを、インスリンが機能しなくなるものだと誤解していました。イラスト付きでインスリンが怠けている様子を書いているホームページもありますが、実のところは、インスリンの働き自体に変化は無いようです。

では、何が問題なのかというと、細胞がインスリンからブドウ糖を受け取るのを拒む状態だそうです。

「もうこれ以上要らないから」と入り口のドアをロックしてしまいインスリンが働けなくなってしまうというか、働いているものの、細胞側で拒否しているからどうしようも出来ない状態。

すると、血液はさらに高血糖となり、それが慢性化する事で糖尿病へと悪化してしまう事になるというものです。

高血糖状態が繰り返される事でインスリンが大量に分泌されて、細胞にブドウ糖を押し込む。しかし、細胞にも許容範囲の限界があり、それを超えるとロックをかけてしまい血液はブドウ糖の濃度が高い状態が続く。

これが、インスリン抵抗性の正しいメカニズムらしいです。
そう考えると、結局は、細胞が必要としない量のエネルギー源を取り込みすぎる事が問題であり、その原因は、普段の食生活によるものだという事がわかります。