利用頻度の多い人にオススメなのは?

センサーの安い日本製か更に安い海外製

糖尿病の人は、1日に少なくても3回、普通で6回とか血糖値を測らなければいけないと思いますが、中には、食べるものによって使ったりと10回位になる事もあるかもしれません。そのため、どの血糖値測定器を買うかについても、じっくり考える必要があるみたいです。

確かに、糖尿病である以上、下手な血糖値測定器は買えないと思います。
とにかく、ちゃんとした物を買わないといけない事に変わり有りません。

しかし、そこは流石日本というか、日本製の血糖値測定器は、どれも品質が万全みたいです。そのため、品質に関しては基本そこまで神経質になる必要は無いとのことでした。ただし、ランニングコストの関係上、ある部分には必ず注目した方が良いそうです。

それは、センサーチップの値段。

血糖値測定器は、1回の測定毎にセンサーチップを1枚使いますから、その単価によってはものすごい値段となってしまうんですね。センサーチップの相場は100円前後と言われていますが、100円でも1日3回なら300円、それを1年間続けるとなると…10万円以上という計算になってしまいます。

そのため、糖尿病のせいで毎日何回も血糖値を測定する人は、使用するセンサーチップの価格が安い血糖値測定器を選ぶべきとのことでした。具体的には、70円のチップで済むアキュチェックSTメーターや、116円で済むアセンシアブリーズ2などがおすすめだそうです。

その点、私が使用している血糖値測定器のセンサーは、1枚40円を切っているので、多めに測定しても負担が少なく済んでいます。