センサーの体液採取という新たな方法

フラッシュ血糖値測定器というのがあるそうです

血糖値測定器と言われると、血液の採取が必ず伴うというイメージですが、それをせずに済むものも、一部ですがあるそうですね。正確性が確立すれば、今後の主流となるかもしれません。

そうしたタイプのものは、非観血的血糖値測定器又はフラッシュ血糖値測定器と言います。しかし、血液を採取せずに、どうやって血糖値を測定するのでしょうか?全然想像がつきません。

調べたところ、どうやら、センサーで血液の代わりに細胞間質液という体液を採取するみたいです。なんでも、これにも血糖値と同濃度のブドウ糖が含まれているため、その数値がすなわち血糖値ということになるのだとか。

血糖値イコール血液を採らないと分からない、というわけではないんですね。

また、体液採取には、痛みもほとんど伴わないそうです。なぜなら、普通の血糖値測定器のように針を刺すわけではなく、センサーが肌の凹凸から細胞間質液を採取してくれるからです。肌に穴を開けなくても、体液の採取ができるなんて驚きました。

しかし、日本ではまだ、この細胞間質液採取で済む血糖値測定器は、出回っていないみたいです。ただし、去年の終わり頃に、アボット社という製薬会社が厚生労働省に承認申請をしているため、近い内に日本でも買えるようになるとのことでした。