ほぼ無痛で済む血糖値測定器があるらしい

針の先端が工夫されていることで痛みがほぼ無い

血糖値測定器を使う際は、まず微量とは言え採血をしなければいけません。
これが、慣れるまでは結構手間みたいです。

指に針を刺して血を意図的に出す訳ですから、一日何度も行うというのは出来れば避けたいと考える人も少なくないと思います。私自身も病気の入院中に一日何度も注射された経験があり、最後は、管を刺したままに切り替えました。

おそらく、私のように思う人が一定数いるのか、痛みの軽減に特化した血糖値測定器もいくつかあるそうです。

中でも有名なのが、アキュチェックアビバと言う血糖値測定器です。なんでも、使用者の声によると、ほぼ無痛で済むのだとか。では、他の血糖値測定器と違い、なぜこのアキュチェックアビバは痛みが少ないのでしょうか?ポイントは2点あるとのことでした。

1点目は、針の形。普通の針と違い、先端を三面にカットすることで、とても細くしているため、刺さってもせいぜいチクッとする程度みたいです。2点目は、針を刺すスピード。細い針の先端を素早く刺すことで、針のブレがほとんど生じないため、傷口は本当に小さく済むそうです。

ちなみに、アキュチェックアビバの測定時間は5秒と、数ある血糖値測定器の中でも一番早いため、この点でも人気とのことでした。こんなに至れり尽くせりな血糖値測定器があるとは知りませんでした。これなら日本で人気が高いのも当然ですね。