人工甘味料に要注意

砂糖よりカロリーが低いと起こる悪いこと

人工甘味料というと、「砂糖の100倍の甘さでほとんどカロリーなし!」という事で、血糖値が高めの場合、予備軍、そして糖尿病の場合に甘みが欲しい時に最適のように思われがちですが…。

最近、読んだ本の中には、マウスによる研究で人工甘味料を水に混ぜて飲ませ続けたマウスは、血糖値は上がらなかったものの、そのまま、砂糖を摂取して高血糖になってもインスリンの分泌が悪くなったという報告もあるようです。

つまり、人工甘味料は、見た目上の血糖値上昇は防げても、結果的にインスリンの分泌を抑えてしまう。鈍くするなどの危険性があるという内容です。

血糖値を上げない方法として取り入れ、カロリーもほとんど無いから大丈夫と思って続けていると、それが、結果的に自分にとって良くない状況を招く恐れがあるというのは、怖いものです。

この人工甘味料が良く含まれている飲料の一つが缶コーヒー。

私も以前までは、良く缶コーヒーを飲んでいました。
どことなく身体には良くないだろうと思いながらも、なんとなく、缶コーヒーを飲む事が習慣化してしまっていたという感じです。

しかし、そこに含まれる甘味料は、アセスルファムKというものですが、高甘味度甘味料という分類になるそうです。

これが、どうやら悪さをしているようなのですが、缶コーヒーを飲むと、軽い頭痛のようなものが現れる事に気づき、もしかしたら、この人工甘味料が原因なのではと考えていると、やはり、偏頭痛を訴える人は少なくないようです。

対して、「人工甘味料が危険というのはおかしい」という情報も少なからずあったり、「人体に影響ないレベルで騒ぐほどではない」という事も言われています。

それもそうかもしれませんが、平たく考えると、”脳に甘さを錯覚させているという事実”には変わりないわけで、それが、身体にどのような影響をもたらすのかは、まだまだわからない部分も多い。

なら、そうしたリスクのある人工甘味料は避ければ、問題ないという事になります。何にしても、科学的に作られた成分は、薬と同じと考えて、それ相応のリスクがある事を理解して口にすべきなのかもしれません。