しびれは糖尿病の初期症状?

栄養が行き届かないとしびれるそうです

理由も無いのに、手や足がしびれる頻度が多い人は、糖尿病を疑った方が良いみたいです。なんでも、糖尿病の初期症状で、そういった末端のしびれという症状はよくあるのだとか。しかし、糖尿病から手足のしびれって、ちょっと連想しにくいと思います。

なぜ糖尿病でそういった症状が起こるのでしょうか?
大本の原因は、インスリン分泌が上手くされないからだそうです。

詳しく言うと、インスリンが分泌されないと、ブドウ糖がエネルギーに変換されないため、血液中にブドウ糖が蓄積していくことになります。そうなると、血液はドロドロになってしまい、血流もどんどん悪くなっていきます。

そうして血流が悪くなると、体の隅々にまで血や栄養が行き渡らなくなるため、手や足のピリピリ又はジンジンとした感じのしびれと言った症状が起こるとのことでした。そのため、手や足が冷えたりした場合も、同じく糖尿病を疑った方が良いそうです。

ちなみに、糖尿病が進行していくと、しびれや冷えも分からない程、感覚が鈍化していくみたいです。なので、手や足のしびれにも、これからは気を付けるようにします。ただ、正直これだけで糖尿病を疑うのは難しいので、近い内に糖尿病によるしびれの特徴も、調べてみようと思います。